オットマール・スウィトナー モーツァルト フィガロの結婚 K.492(ドイツ語版) その3

 オットマール・スウィトナー、モーツァルト、フィガロの結婚も大詰めの第3幕、第4幕となる。伯爵は一体どういうことかと狐につままれた様な思いである。プライが見事に演ずる。そこへ、スザンナが入ってくる。伯爵が誘惑しようにもあしらわれる。ローテンベルガーの見事な駆け引きである。伯爵のアリア「溜息の間に」、プライが自分の権威は渡さぬ、フィガロたちのいいようにはさせまいと決意も新たに歌い上げている。カール・ベームでは、フィッシャー=ディスカウが心憎いほどに歌う。ベームでは、ドイツを代表する2人の名バリトンの協演となっている。スウィトナーでは、ベリーとプライの協演となっている。

 フィガロがマルチェリーナ、バルドロの子とわかり、伯爵の目論見は崩れた。スザンナがこの事実を知り、和解と喜びの時となった。ベリー、ローテンベルガー、ブルマイスター、オレンドルフが見事なアンサンブルを繰り広げ、喜びの雰囲気がみなぎっていく。伯爵夫人は「楽しい日々は」で、幸せだった日々を振り返る。ギューデンの格調高い歌唱が見事に響く。伯爵夫人とスザンナは、伯爵を懲らしめてやろうと手紙でおびき出すことにする。「手紙の歌」で、手紙を綴っていく。村娘たちが摘み立ての花を伯爵夫人へ献上するためにやってくる。そこに、女装したケルビーノがいる。ケルビーノとわかっても、フィガロとスザンナ、バルドロとマルチェリーナの結婚式となる。花娘たちが結婚式の始まりを告げる。合唱も加わる。ファンダンゴとなって、結婚式。オーケストラが見事に支えていく。祝福の合唱が高らかに響く中、結婚式が無事に終わる。

 第4幕。バルバリーナが、伯爵夫人とスザンナが伯爵に渡した手紙に着いていたピンを探す。レーニッシュが困ったような面持ちで歌い上げる。フィガロがやって来て、スザンナに裏切られたと怒りをあらわにする。マルツェリーナがやってなだめる。この盤ではマルツェリーナ、ドン・バジーリオのアリアが割愛され、フィガロが「目を開け」で怒りを爆発させる。ベリーの名人芸が見事である。伯爵夫人に扮したスザンナ、スザンナに扮した伯爵夫人がやって来る。「早く来て」と歌うスザンナ、ローテンペルガーがじっくり聴かせる。伯爵夫人に扮したスザンナとフィガロがふざけているうちに、スザンナとわかってロマンスを演ずる。そこへ、伯爵が、

「裏切り者。」

と叫び、浮気を捕まえたと勝ち誇る。やがて、スザンナに扮した伯爵夫人が許しを請う。伯爵も許せとなって、結婚披露宴に行こうと喜びのうちに終わる。

 ドイツ語であっても、モーツァルトのオペラの本質は変わらない。モーツァルトは、ドイツ語でこのオペラを書こうとしていたようにも思える。イタリア語になったことが、このオペラを名作にしたことも頷ける。それでも、スウィトナーの素晴らしいオーケストラがモーツァルトを引き立てている。名盤の一つとして推薦したい。