オットマール・スウィトナー モーツァルト フィガロの結婚 K.492(ドイツ語版) その2 

 オットマール・スウィトナー、モーツァルト「フィガロの結婚」K.492、ドイツ語版も第2幕となった。伯爵夫人が夫、伯爵の浮気心に悩む姿を描く「愛の神よ」で始まる。ギューデンの格調高い歌唱が聴きもの。ドイツ語のディクションも見事である。スザンナ、フィガロを交え、マルツェリーナたちの策略も交え、伯爵を懲らしめようと計略を巡らす。そこにケルビーノが「恋の悩みを知る人は」で、自分の思いを伝える。マティスの歌唱も見事。ケルビーノにスザンナの服を着せ、一泡吹かせようとする。「こっちを向いて」では、ローテンベルガーが機知にとんだ歌を聴かせる。

 そこへ伯爵が帰ってくる。伯爵夫人、スザンナが大慌て、プライ、ギューデン、ローテンベルガーの駆け引きが見事である。ケルビーノがいるなと感づいた伯爵が伯爵夫人の部屋の化粧室の鍵を壊そうとする。スザンナは急いでケルビーノを逃がす。マティス、ローテンベルガーの掛け合いが緊迫感に満ちている。緊迫感溢れるプライ、ギューデンのやり取りから、ローテンベルガーの落ち着いた雰囲気となる。フィガロが入ってくると、フィガロの策略が明らかになるとはいえ、伯爵夫人、スザンナの機転で助かる。庭師アントニオが壊れた鉢を抱え、若者が飛び降りて鉢を壊したと訴える。フォーゲルが巧みに演じる。ケルビーノとわかれば一大事、そこはフィガロがごまかす。ベリーの名人芸が聴きもの。

 マルツェリーナ、バルドロ、ドン・バジーリオがフィガロの借金のことを伯爵に訴え出て、伯爵がほくそ笑む。フィガロがマルチェリーナと結婚すれば、スザンナはわがもの。伯爵の高笑いが聴こえそうである。ブルマイスター、オレンドルフ、シュライヤーの聴かせ所になっている。

 スウィトナーがドイツ語とはいえ、素晴らしいオーケストラで支えている。「愛の神よ」でのオーケストラの響きが絶品だった。第3幕、第4幕も楽しみとなった。