小管優 ピアノリサイタル

ベートーヴェン、ピアノ・ソナタ全集を完成した小管優が

完成記念として、ベートーヴェンのピアノソナタ5曲によるリサイタルを行った。(14日 紀尾井ホール)

 まず前半、第1番、Op.2-1、ヘ短調。第1楽章左手の「運命の動機」がしっかり聞こえていた。ベートーヴェンの記念すべき第1作に相応しい演奏だった。第24番、Op.78、嬰ヘ長調「テレーゼ」は歌と自由奔放さが結びついた、味わい深い演奏だった。第17番、Op.31-2、ニ短調「テンペスト」はドラマトゥルギーの表出、抒情性が調和していた。

 後半。第21番、Op.53、ハ長調「ヴァルトシュタイン」はスケールの大きさ、抒情性が見事に調和していた。第32番、Op.111、ハ短調はベートーヴェン最後の作品ゆえの崇高さ、悟りの境地を見事に描き出していた。

 小菅が全集を出すにあたり、2010年~2015年にわたり、5年がかりで行ったベートーヴェン・ツィクルスと並行で行って来た。今回はその成果を示したリサイタルというようか。

 いずれ、小管ももう一度、ベートーヴェンに取り組む時期が来るだろう。その時、ベートーヴェン・ツィクルスがあれば、どんな演奏になるだろうか。

 

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    admin (木曜日, 21 4月 2022 05:52)

    1