歌舞伎座9月公演 秀山祭 夜の部

 歌舞伎座9月公演、秀山祭、夜の部は「吉野川」、「らくだ」、「元禄花見踊」の3演目で、演目配置としてバランスが取れた上演だった。

 「吉野川」は反目し合う家同士の恋人たちが蘇我入鹿の権勢に翻弄される悲劇を描いた名作で、吉野川を隔てた両岸に恋人たちの館がある舞台配置を取る。中村吉右衛門、坂東玉三郎の迫真の演技、尾上菊之助、市川染五郎の純情さがこの悲劇を際立たせていた。中村梅枝、中村萬太郎の演技も全体を引き締めていた。

 「らくだ」は「らくだ」のあだ名で知られた遊び人馬吉がフグ毒で死んだことから、仲間の半次、紙屑屋の久六が葬儀の段取りをつけるため、大家の許へ向かい、どうにか段取りをつけ、酒に興じるうち、半次の妹おやすから自分の母親の死を知らされ、茫然とするところで幕となる。尾上松緑、市川染五郎、中村歌六、中村東蔵、中村米吉が面白可笑しく、見事に演じた。

 「元禄花見踊」は坂東玉三郎を中心に、今月出演した多くの幹部俳優、中村芝のぶ、坂東玉朗が見事な締めくくりを見せた。この中から、次の世代を担う幹部俳優が育ってほしい。

 今月は幹部俳優に昇進した中村吉之丞の昇進披露も兼ねた上演で、現在、様々な役で出演している役者たちが何人幹部俳優に上がるか。今後の活躍、昇進に期待しよう。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    admin (木曜日, 21 4月 2022 05:47)

    1

  • #2

    admin (木曜日, 21 4月 2022 05:52)

    1