歌舞伎座7月公演 昼の部

 歌舞伎座7月公演、昼の部は「柳沢騒動」、「流星」で、市川海老蔵、市川猿之助、市川右近、尾上右近、市川猿弥、市川中車、中村東蔵といった花形、大御所たちの豪華共演となった。

 まず「柳沢騒動」、江戸幕府5代将軍、徳川綱吉の御側用人として権勢をふるった柳沢吉保、大僧正として権勢をふるった隆光の出世、栄華、没落を描く。市川海老蔵、市川猿之助が対立しながら出世を志し、栄華を極め、没落する中での心理描写が見事で、中村東蔵の桂昌院が権勢の頂点にある将軍の生母、尾上右近がいいなずけだったとはいえ、吉保に翻弄されつつも一途な愛を貫くおさめを見事に演じた。市川猿弥の曽根權太夫、市川中車の徳川綱吉も見せた。成瀬金弥を演じた市川弘太郎、成瀬金吾を演じた坂東亀三郎が好演だった。

 終幕、柳沢吉保が自分にかかわって来た人物、隆光を斬り、おさめと共に自害する際、自分の権勢、栄華がいかにはかないものだったかを悟り、死に至った過程が伝わる。

 7月、七夕にちなんだ「流星」は市川猿之助のコミカルな踊り、演技、宙乗りに尽きるだろう。素晴らしい締めくくりとなった。

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    admin (木曜日, 21 4月 2022 05:47)

    1

  • #2

    admin (木曜日, 21 4月 2022 05:53)

    1