歌舞伎座6月公演 義経千本桜 第1部、第2部

 歌舞伎座6月公演は3部制による「義経千本桜」通し上演で、まず第1部「碇知盛」、第2部「いがみの権太」を見た。今回の通し上演では「鳥居前」が欠けているため、内容面では多少問題があった。「碇知盛」、「いがみの権太」を見た限りではまずまずの成果を出した。

 「碇知盛」では知盛を演じた市川染五郎、典次の局を演じた市川猿之助、義経を演じた尾上松也が素晴らしい演技を見せ、染五郎の迫真の演技は役者としての成長ぶりを示した。「時鳥花有里」での中村梅玉、市川染五郎、市川笑三郎、市川春猿、中村東蔵、中村魁春の踊りも見事だった。

 「いがみの権太」は松本幸四郎の味わい深い、素晴らしい演技がドラマを盛り上げた。主馬小金吾を演じた尾上松也、お里を演じた市川猿之助も絶品の演技を見せた。猪熊大之進を演じた片岡市蔵、梶原景時を演じた坂東彦三郎も重要な役どころを見せた。

 今月のプログラムを見ると、役者の名前に外国人観光客向けにローマ字表記があったことはよかったとはいえ、松竹は英語版、中国語版、ハングル版のプログラムを作ることを考えた方がいいだろう。その方がかえって外国人観光客に取って大に助かるだろう。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    admin (木曜日, 21 4月 2022 05:47)

    1

  • #2

    admin (木曜日, 21 4月 2022 05:53)

    1