ヤニック・ネゼセガン メトロポリタン歌劇場音楽監督に就任

 アメリカの名門、ニューヨーク、メトロポリタン歌劇場の新しい音楽監督にカナダ、モントリオール出身のヤニック・ネゼセガンが就任することとなった。これまで40年間、音楽監督を務めてきたジェームズ・レヴァインが健康上の理由で退任することとなったことを受け、2017年から暫定的に就任する形を取り、2020年から正式に就任することとなる。

 ネゼセガンは、指揮者としてオペラ、オーケストラを振ることは子どもの頃からの夢だったという。今回、メトロポリタン歌劇場音楽監督就任として実現したことはうれしかったとはいえ、これからがネゼセガンの真価が問われる。オランダ、ロッテルダム・フィルハーモニー管弦楽団、フィラデルフィア管弦楽団音楽監督を歴任して、ニューヨーク、メトロポリタン歌劇場音楽監督となると、かなりの重責になるだろう。若手から中堅指揮者へと成長する過程で、名門歌劇場音楽監督就任となると、大成への一里塚だろう。

 ネゼセガンがメトロポリタン歌劇場音楽監督として、どのような形で成長していくか。これからの活躍ぶりを見守っていきたい。

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    admin (木曜日, 21 4月 2022 05:53)

    1